厄除けの効果をあげるための方法! 解説記事ー CLICK!

衣替えって何?必要?そんな疑問について解説します!

こんにちは。イチヨウです。
しばらくぶりの投稿になります。

更新が滞っていたのは御朱印、御首題を本格的にリニューアル再開して文字や絵の稽古をしていたこともありなかなかブログに割く時間が取れなかったことにあります。(いいわけともいう)

今後はあまり肩をはらずに、もう少しゆるい感じでの投稿を増やしていき更新頻度を上げていきたいと考えています。
なにとぞよろしくお願い致します。

目次

「衣替え」って何?

本日は10月1日。当山では仏舎利塔御開帳、月例信行会の日でありました。
また本日より「衣替え」となります。

そもそも「衣替え」とはなんでしょう。

『衣替え』とは、暑さ・寒さの変わり目に季節にあった衣服に着替える慣習のことで、6月1日と10月1日に行われ、現在でも学校の制服などにこの慣習が残っています。

そして、そうした慣習が良いタイミングとなり、クローゼットなどにある衣服のお手入れや整理を重点的に行っている方も多いと思います。

「衣替え」の歴史は平安時代までさかのぼります。

もともとは中国の習慣だったものが日本に伝わり、それが宮中行事として定着したといわれています。

明治に新暦が施行されると6月1日から9月30日までが夏服、10月1日から翌年5月31日までが冬服と定められ、これが広がり「衣替え」として定着したようですね。

衣替えはもうオワコン?

ところが近年、『衣替え』を行わない人が特に若い人を中心に増えているそうです。

こうした背景には、地球温暖化等に伴う気温変化の違いや、自分の衣服を自分の意志で選び、個性を自由に表現する文化の発展があるのではないか、とされています。

また、年間を通して使用できる衣服の存在や、ファストファッションの浸透もあり、安い衣服が気軽に手に入ることを理由に使い捨て感覚によって、ワンシーズンだけ着用して処分してしまうなんてことも背景にあるようですね。

UNIQLO、GU、私も大変お世話になっています\(^o^)/

もう衣替えはオワコンでしょうか、、、。

それでも「衣替え」が大切であると思う理由

ですが、私は衣替えは後世に残すべき大切な伝統であると思っています。

私が思う大切な理由は「衣類と向き合い、ものを大切にする心を養う」だと思っています。

自分が持っている衣服を把握し、衣服と向き合うことができる大切な節目の行事である、と思うのです。

①衣替えをすることで、着なくなったオフシーズンの衣服と向き合う。
②同じ衣服をまた着れるようにするために大切にしようという心が生まれる。
③お気に入りだった衣類に感謝の気持ちを持って送り出せる心が生まれる。

そういった心が生まれる大切な節目の行事だと思うのです。

こういった観点からも衣替えは大切である、と考えています。

坊さんの衣替えについて

それでは坊さんの世界では「衣替え」はどのように行われているのでしょうか。

坊さんの世界の衣替えは未だに厳格に行われています。

学校や会社の衣替えよりも、さらに厳格にそして正確に行われています。

今日はちょうど肌寒かったので良かったのですが、中には10月にも関わらず暑くてとても冬用の衣は着れない、なんてことも最近は多くなってきました。

そんな中でも、必ず冬用の衣に着替えます。

坊さんの世界ではそれが至極当然、当たり前です。

それは上に記した理由以外にも、仏教が「伝統」や「調和」を重んじる宗教である、ということも理由となるでしょう。

例えば大きな法要やお葬式で複数の僧侶が集まる時。

6月に入ってから行われる法要で、まだ冬用を着ていれば、他の僧侶との調和が取れず、浮いてしまいます。
そうすれば自分が恥ずかしいだけでなくそこから「不和」が生まれてしまいます。
「不和」が生まれると、厳かな法要はできません。
一人のせいで大切な法会が台無しになってしまうのです。

よって坊さんの世界ではこれからも衣替えは続いていく、続いて然るべきである、と思っていますしそうなることでしょう。

坊さんの衣のちょっとした小話

ついでですので余談。

みなさんは坊さんの夏用の衣を見たことはありますでしょうか。
こんな感じでスケスケです。

夏用のスケスケ衣

スケスケですが、、、。衣の下は白衣、襦袢を着ています。

ようするに真夏でも三枚は長袖の衣類を羽織っているのです。(襦袢は半袖やノースリーブも最近はあります)
襦袢を着ない僧侶も増えているようですが、、、私は汗かきなので襦袢を着ないと衣が汗でずぶ濡れになります\(^o^)/

さらに法要では住職は燕尾や角モースという帽子をかぶらなくてはいけませんので「さらに倍」です。

6月1日に夏用に衣替えをする時に「まだ涼しすぎて、、、」ということは今後もありそうにありませんね、、、。

坊さんにとって夏は厳しい季節です。。。

「衣替え」の意味を知って、後世に伝えていきましょう

「衣替え」についてみていきました。

このような「伝統」を学び、理解し、実践することも大切ですね。

これから秋を経て段々と寒い季節へと変わっていきます。

どうぞみなさまも時節柄ご自愛ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お坊さん歴も20年に差し掛かった中年坊主。
「あなたの日常をほんの少しゆたかに」
そんな想いでブログを執筆しています。
ほとけさまのみおしえや仏事のこと、また日々のお役立ち情報を中心に色々と発信していきます。

目次
閉じる