厄除けの効果はあるの?効果をあげるための方法も伝授します!

荒行の様子

こんにちは、イチヨウです。

花粉症の季節になってまいりましたね。
私も毎年つらい時期でもありますが、ティッシュ片手に頑張っております。

さて今回は「厄除けの効果」について詳しく見ていきたいと思います。

毎年20−30名ほどの厄除け祈願をしている私だからわかる『厄除けの効果』と『その効果をあげるための方法』をお教えしましょう、、、。

それではいってみましょう!

目次

厄除けの効果とは?

まず「そもそも論」になりますが、厄除けは実際に効果があるのでしょうか?

結論から申し上げます。

厄除けに効果はあるか?

「効果は確実にあります。ただし、厄除けを受けたからといって災難がおきない、とはいえません。おこるかもしれませんし、おこらないかもしれません。」

厄除けの効果とは

『気持ちが前向きに変化する』

といのが現時点での私の見解です。

A男くん

え?厄除け受けても災難がおこるかもしれないの??
それって受ける意味なくない!?

そのことについても後々解説していきますので、大丈夫大丈夫。

「厄除け」の効果に関する一般の人の見解

厄除けの効果を詳しく解説する前に一般の方の厄除けについてどのように思っているか、少しみてみましょう。

あなたは「厄除けの効果」についてどう思いますか?

①「厄除けには絶対に効果がある!」

②「ありえないね。効果なんてないよ。。。」

③「よくわからないけれど受けないよりはマシかな?」

上記3つでしたらどれが一番あてはまるでしょうか。

私のお寺では例年、厄除けに来られる方は、檀信徒の方が6割、一般の方が4割という感じです。
他の寺社ではもう少し比率が異なるかもしれません。

では、その厄除けを受けられる方に「どうして厄除けを受けようと思ったのですか?」と尋ねてみますと、どういう答えが返ってくると思いますか?

ほとんどの人が「受けないよりはマシ」程度の感覚

厄除けのお祓いを受ける方で②の考えの方は、基本的にいません。
よっぽどのことがない限り、そんな人は厄払いに来ませんしね。
来るとすれば親や伴侶に無理やり連れてこられた方、、、くらいでしょうか?

少し意外かもしれませんが①の方も少ないです。
絶対に効果がある!と信じて、お祓いに来る人もいますが正直少数です。

圧倒的に多いのが③の方です。

要するにほとんどの方は「厄除け」を一種の「儀礼的行為」としてとらえていることが伺えます。

A子さん

どうやら今年私は「厄年」と言われる年のようね、、、(ググっている)

A子さん

ふむふむ、どうやら厄年は厄除けを受けるのがならわしみたいね。
同級生のB子も受けているみたいね。(SNSを見ている)

A子さん

C子を誘ってみてOKもらえたら私もうけてみようかしら。ちょっと面倒だけど、こういうのは受けることが大事よね。

A子さん

はー。。。初めて厄除けを受けたけれど、、、なんだか気持ちがシャキッとしてわね。、、、でも本当に効果はあるのかしら?
それよりも「C子と厄除け受けてきました」ってインスタうPしなきゃ♪

残念ながらこのような気持ちで厄除けを受けても「真の厄除けの効果」を受けることは難しいです。。。

後に説明しますが「なんとなく効いた気がする!」という感覚は得ることができるでしょう。

ただし、それは「本来の厄除けの効果」ではありません。

厄除けの効果について掘り下げてみる

冒頭で『厄除けの効果は「気持ちの変化」である』とお伝えしました。

もう少し深堀りしましょう。

厄除けを受けることができるのは主にお寺や神社です。
(以下、お寺での厄除けについて詳しく解説していきます。基本的には神社での厄除けも違いは多少ありますがほとんど同様かと思います)

お寺での厄除けは諸天善神が祀られているお堂で行いますが、その雰囲気はまさに非日常的な空間です。
厳かで、畏敬の念を起こさせます。実際に当寺で厄除けを受けた方に話を聞いてみると、お堂に入った瞬間に「なんだか気が引き締まる感じがする」と思われる方が多いようです。

非日常的で厳かな堂内にて、迫力のある力強い厄払いをうけるとそれだけで気持ちがシャキッとして、前向きな気分になれます。

「なんだか、仏さまに守られている気がする」

「大丈夫な気がする」

「気持ちを新たに生きていけそうな気がする」

こういうプラスのエネルギーを感じることができます。

プラスのエネルギーに包まれれば、自然とプラスな人生になっていきます。
この気持ちの「良い方向への変化」こそが「厄除けの効果」である、と私は考えています。

ただし、これだけでは「厄除けの効果」のすべてではありません。

その理由として「そういった類の感じ方」には個人差があるからです。

さらには受けるときの「精神状態」や「健康状態」など様々な要因も関係します。

受けてすぐに「効果抜群!受けてよかった!」と感じる人いますし、「なんとなく効いている感じがする、、、」程度の人、中には「全然効いた気がしない、、、」と感じる人もいるかも知れません。

さらには普段は信仰熱心な方もその朝に夫婦喧嘩をしてモヤモヤして気が散ったり、体調が悪くそちらに気が取られてしまいぼんやりしてしまったり、、、。そんなこともあるかもしれません。

実は厄除けの効果を実感してさらにその効果をあげるためにはちょっとした『コツ』というか『心がけ』が必要です。

その心がけを「する」と「しない」とでは厄除けから受けることができる効果が全く違います。

そのコツを踏まえた上で、厄除けを受け、その後の生活をしていくと「真の厄除けの効果」を受けることができるようになるのです。

厄除けの効果を爆アゲする方法とは!

それでは「厄除けの効果」をさらにあげるためにはどうしたら良いのか。

①厄除けを受ける時に「死ぬ気で祈り、心配ごと、願い事をご神仏におあずけする」

②厄除けを受けた後に「すべてのものごとに感謝をして生活する」

これさえ意識すれば、厄除けの効果は必ず実感でき、さらに効果が爆アガりです!

詳しく見ていきましょう

①「死ぬ気で祈り、心配ごと、願い事をご神仏におあずけする」

祈る人

まず厄除けを受けるときに心がけることは「厄除け中は死ぬ気で祈る」です。

みなさんはお祓い中にどんなことを考えていますか?

少し考えてみてください。。。

「ただボーッと何も考えずに受けている」

「別のことを考えながら受けている」

そういった方は即、直しましょう。。。

それでは絶対に願いは叶いませんし、ご神仏に届きません。

「今年一年が無難な一年になりますように・・・!」

大体の方がこんなふうに、お祈りをしながらお祓いを受けていると思います。

でも残念!これでは50点です。

もう少し祈り方のコツをお教えしますので改善していきましょう。

正しい祈り方とは?

それでは100点満点の祈り方とはどうするのでしょうか?

「今年一年が無難な一年であり、社会のために働けますように」

「愛する家族のために、穏やかな日々を過ごせ、一生懸命に働けますように」

「人の役に立つ仕事につけるよう、勉強がはかどりますように」

このように「私のため」の祈りではなく、「みんなのため」、「社会のため」の祈りにしましょう。

どうしても「私のため」の祈りになると『欲』が出てきてしまいます。

『欲』のある願いをするとご神仏は叶えてくれません。
叶えてくれないどころか怒られることもあります。

みんなのため、社会のため、公のための祈りになると、そこに『欲』はでません。

こういった「人のための祈り」というものはご神仏に必ずや届きます。

この清らかな祈りを、お祓いを受けているあいだ中、祈ってください。

何度も何度も、繰り返し祈ってください。

他のことは考えずに、とにかく祈ってください。

死ぬ気で祈ってください。

そして、お祓いが終わる時に、ご神仏にこう宣言します。

「私の心配ごと、願い事、すべてご神仏さまにお預けしますので、どうぞ宜しくおねがいします!」

これでよし。
これでおしまい。

あとはご神仏さまに、すべておまかせしましょう。

大丈夫です。

仏さまがなんとかしてくれます。

そして、あなたは、あなたのなすべきことに全集中!

あとは「ご神仏さまにおまかせしたから、大丈夫!なんとかなる!」という思いを持って毎日を過ごしていく。

これが厄除けを受ける時に行う厄除けの効果をバク上げする方法です。

②「すべてのものごとに感謝をして生活する」

さて厄除けを受けて、おあずけしたらそれでおしまい、ではありません。

あなたが心がけることがあります。

それは「すべてのものごとに感謝をして生活する」です。

これがもう一つの厄除けの効果を爆アゲする方法です。

もし、厄除けを受けたあとで、危険なことから回避できたとしましょう。
あなたはどんなふうに感じますか?

大体の方が「厄除けを受けたからだ!ありがたい!」と思うでしょう。

それでは逆に、厄除けを受けたあとであなたの身に災難が起きたとしましょう。

例えば怪我や病気などですかね。

あなたはどんなふうに感じますか?

「厄除けを受けたのに!厄除けなんか意味ないじゃん!」と思うかもしれません。

お気持ちはわかりますが、こんな考えはいかがでしょう。

「厄除けを受けたから、この程度で済んだのかもしれない!ありがたい!」

この圧倒的気づき!

これがすごく大切です。

災難をさけれても、災難がふりかかっても、そして何事もなくても、「いつもお守りいただきましてありがとういございます」と手を合わせてご神仏に感謝ができること。

この心を持ち、毎日を過ごすことが厄除けの効果を実感でき、効果を爆アゲする第2の方法です。

このように感謝ができるようになると、ご神仏さまは自然とあなたを護ってくれるようになります。

さらには「こうして起こりうること、すべてに感謝ができる生き方」ができるようになると、毎日が心が穏やかにすごせるようになります。

心が穏やかになると人生も必ず穏やかになります。

じゃあ、厄払いをしなくてもいいんじゃないの?

「じゃあ、この2つさえわかって実践できればわざわざ厄除けをうけなくても個人でお参りすればいいんじゃないんですか?」

するどい質問です。

でも残念ながらそういうことでもないんです。

厄除け祈祷はお坊さんがご神仏に参拝者の清淨な願いが届くように、願主が一年間無病息災で過ごせるように、祈願をしています。

そしてそのために毎日、お勤めを行い、読経をし、身を清めているのです。

だれでもできる普通の祈り方、願い方ではなく、何百年と脈々と受け継がれている秘伝の方法で祈祷を行い、祈願をしているのです。

それだからこそ、ご神仏にダイレクトに願いがとどき、さらなるご利益をお授けすることができるわけですね。

個人で祈るよりも厄除けを受けたほうが効果は「さらに、倍!」というわけです。

まとめ:ご神仏におあずけし、感謝の毎日をすごしましょう

いかがでしたでしょうか。

厄払いはただ受けただけでは効果はそこまで期待できません。

厄除けを受けたからといって災難が絶対に起こらない、なんていうこともありません。

しかし、「厄除け」をきっかけに祈り方や考え方を変えることはできます。

これからは厄除けだけでなく、お祓いや行事などでご神仏に祈ることもあると思います。

そういった時に今回の記事を参考にしていただければ、あなたの祈りは必ずや届くことでしょう。

是非実践してみてくださいね。

それでは今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お坊さん歴も20年に差し掛かった中年坊主。
「あなたの日常をほんの少しゆたかに」
そんな想いでブログを執筆しています。
ほとけさまのみおしえや仏事のこと、また日々のお役立ち情報を中心に色々と発信していきます。

目次
閉じる