厄年の意味と由来とは?

厄除け お寺

こんにちは、イチヨウです。

わたくしは今年、満で41歳を迎えます。

ということは、今年は数え42歳になりますので男性の「本厄」になるんですよね。

普段、人の厄払いをしているのでいざ自分が受ける年になったと思うとなんだか感慨深いものがあります。

さて今回は自分が厄年を迎えるに当たって再確認の意味も込めまして

「厄年の意味や由来」について見ていきたいと思います。

それではいってみましょう!

目次

厄年の意味と由来

女性は19、33、37歳と61歳

男性は25,42、61歳

が「本厄」(もしくは単に「厄年」)といわれております。

またその前後1年が「前厄」「後厄」として定められています。

本厄年の中でも、特に男性は「42歳」女性は「33歳」が『大厄』として特に気をつける年とされています。

これらの年齢は「肉体的な変調をきたしやすく、家庭的にも社会的にも転機を迎えやすい時期」とされています。

ようするにこの頃の年令で「厄」が起きやすいから気をつけようね、ということですね。

そもそも厄年、厄払いとは?その由来は?

「厄年」という考え方は、古代に中国から伝わった陰陽道が起源であるとされています。

それが日本では平安時代に公家社会を中心に広まり、その後仏教や神道の影響を受けながら独自に発展していき、現在まで続いていると言われています。

そうした厄年に当たる年は運勢が低下すると考えられ、それを避けるために「加持祈祷」が用いられたとされています。これが「厄払い」の起源といわれています。

そして民間では地域の重要な役職についたり、家庭の役割が多くなる年齢「役年」と体を壊しやすい、嫁入り、出産などの人生の転機の年齢、用心が必要な年齢と合わせて、現代の「厄年」の年齢が定まってきたと言われているようです。

日本だけで見ても1200年以上の歴史があるとは驚きですね。。。

よくある質問①「厄年は満年齢?数え年?」

厄年についてよくある質問に

「厄年は満年齢で数えるのですか?」

というものがあります。

結論からいいますと、「満年齢ではなく数え年で数えます」。

数え年(かぞえどし)とは本来の誕生日に迎える年齢ではなく、お正月を迎えるごとに年を重ねるという数え方です。

数え年は、生まれた時点の年齢を1歳とし、以後元日が来るごとに1歳を加えます。

それに対して満年齢は、生まれた時点の年齢を0歳とし、以後誕生日に1歳を加えます。

ようするに数え年は、元日から誕生日を迎えるまでは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

数え年については以下ブログにて、詳しく説明していますのでよろしければご覧下さい。

てらぶろ
404: ページが見つかりませんでした | てらぶろほとけさまのみおしえを紹介したり、日々の生活をほんの少しゆたかにするための知識や考え方などを紹介するアウトプットブログです。 仏教の知識や仏事の疑問などをできる...

よくある質問②前厄、後厄は軽いから大丈夫?

さらによく聞かれる質問に

「前厄、後厄は厄払いを受ける必要はありますか?」

「大厄のみ気をつければいいですよね?」

というものがあります。

前厄、後厄に関しては言葉的に「前厄」が「本厄の前の年」、後厄が「本厄の後の年」というイメージを抱いてしまうからなのでしょう。
(まあ、たしかにそのとおりなのですが、、、)

ただ、言葉の意味的にはそうでも決して「前厄」や「後厄」が「本厄」に比べると『軽いものだから大丈夫』ということでは有りません。

この時期に厄が起きやすいから「前年から意識して気をつけようね」、「後も安心せずに気を引き締めていこうね」ということであるという認識のほうがよいと思います。

ですので大厄や本厄の時だけ気をつければ大丈夫!と安心して油断するのはおすすめできません。

「厄払い」については後日、記事にしたいと思います。

厄年なんて迷信?

avatar
Aさん
「厄年なんて迷信だよ、、、。ナンセンス。」
avatar
Bさん
「19(重苦)33(散々)42(死に)なんてただの語呂合わせじゃん」

そう思われる方もいるかも知れません。

たしかに、厄年を迎えても何事もない人もいますし、気づかないうちに厄年が過ぎていた、なんていう人もいます。

だからといって1000年以上も続いている言い伝えを「迷信」の一言で片付けてしまう、というのは私は少し違う気がします。

信じる、信じないは自由だと思いますが、古代の思想、昔の人の考え方、言い伝え、風習、慣習に対して敬意を持ち、活かせることは活かしていくことは大切ではないか、と考えます。

私の厄年の経験

ちなみに、私は去年41歳の前厄の年に「厄年ピッタリの経験」をしました。

ですので『厄払いを行う僧侶』である、とうこと以前に厄年は信じていますし、厄年を迎える方には厄払いをおすすめしています。

その体験とは、、、『持病のヘルニアの悪化での入院、手術』です。

私はここ10年ほど「椎間板ヘルニア」を患っており、痛み止めの薬を飲み、時にはブロック注射を打ちながらなんとか付き合ってきました。

ここ2−3年は薬を飲むこともなく、落ち着いていましたが、去年の春頃から急激に症状が悪化。

今までの薬が全く効かず、強い痛み止めの薬を飲まなければ「眠ること」すらできないような状態になってしまいました。

ブロック注射も効果がなく、いよいよ手術を勧められ、7月半ばから2週間入院する羽目になってしまいました。。。

この時、私は人生で初めての入院、そして手術をしました。
前厄の年にはじめて大きな「病」を経験したことになります。

その時の経験の記事がこちら。

てらぶろ
404: ページが見つかりませんでした | てらぶろほとけさまのみおしえを紹介したり、日々の生活をほんの少しゆたかにするための知識や考え方などを紹介するアウトプットブログです。 仏教の知識や仏事の疑問などをできる...

考えてみれば、わたしも、いつの間にやら「40歳」。

結婚もして父親にもなり、お寺でも副住職として法務も増え、宗門でも地域でも重要な役を受けることが多くなりました。

「これからは、自分のためにも、家族のためにも、お寺のためにも、もっと自分の身体をいたわるようにしよう」

そう心に誓い、仏さまにも誓いました。

それからというもの、平均5時間ほどだった睡眠時間を7時間以上寝るようにし、暴飲暴食をやめ野菜中心の食生活にして、適度な運動を続けるようになりました。

おかげさまで、普段の体調も良くなり、毎日を充実して過ごせています。
体調が良くなると気分も良くなり、笑顔の時間も増えた気がします。

「病」を通じて「厄年」を経験し、その経験を「活かす」ことができた。

これができたことは本当にありがたいことだと思っております。

まとめ : 厄年を機会に自分自身を見直そう!

以上、厄年について私の見解、体験を含めてまとめてみました。

要約しますと

○女性は19、33、37歳と61歳、男性は25,42、61歳が「本厄」でその前後1年が「前厄」「後厄」であり、数え年で数えること

 

○「厄年」は肉体的な変調をきたしやすく、家庭的にも社会的にも転機を迎えやすい時期であること

 

○昔からの言い伝え、慣習である「厄年」を自分の健康や生活習慣を見直す機会にして活かしていくこと

となります。

今年厄年を迎えられる方、ご家族で厄年を迎える方がおられる方は是非参考になさって下さい。

というわけで、以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お坊さん歴も20年に差し掛かった中年坊主。
「あなたの日常をほんの少しゆたかに」
そんな想いでブログを執筆しています。
ほとけさまのみおしえや仏事のこと、また日々のお役立ち情報を中心に色々と発信していきます。

目次
閉じる